天然資源が豊富な火の国

ジョージア2日目。


この日は

朝から移動です✈️


目的地は、、、


隣国アゼルバイジャン🇦🇿




ジョージア1日しか、、、



心配ありません😏


ジョージアには

また戻ってきますw



宿代が安いので

荷物は宿において


身軽な状態で、

隣国まで遠征するだけです✌️



同日に

アゼルバイジャンで

夜行列車に乗り


翌日には

再びジョージアに

戻ってくる予定です😏

まずは

アルメニアで買っておいた

牛乳で目を覚まします🥛

近くの広場からは

乗合のバスやタクシーなどが

たくさん停まって降り


朝から人で賑わっていました💪



さて空港へは


地元の

路線バスに乗って向かいます🚌



所要時間は1時間弱。


まあまあ遠いですw



トビリシ国際空港に到着後は

小さいですが、

空港内を散策です🚶‍♂️

大きな

ジョージアの地図を発見!


これから

ジョージアを出国するのに


隅々まで見入ります👀


翌日には戻ってくるので

ジョージア国内の予習ですね!


さて

お世話になる航空会社は

Buta Airways

もちろん聞いたこともない

航空会社ですねw


アゼルバイジャンの

フラッグ・キャリアである

アゼルバイジャン航空の

傘下にあるLCCです💰

今回乗る機体は

小型機のようです✈️


そして

時間通りtake off 🛫

1時間ほどのフライトで

しかもLCCで


まさかのミール付きです😋


航空券代は

49€(約6000円)と

LCCの割には高かったので


これのミールで

少しは元が取れた気がしますw



1時間ほどで

アゼルバイジャン到着です🇦🇿


日本人が

アゼルバイジャンに

入国するには


現地到着時に

電子ビザを

取得する必要があります😱



幸いなことに

電子ビザの発給は

機械ですぐにでき、


しかも

日本人は無料で取得できます✌️

バクー空港のロビーです↑


アルメニアや

ジョージアとは違い


お金持ち感を

全面に押し出してきます💸


さすが

天然資源が豊富な火の国です✨


ここで

軽くアゼルバイジャンについて

紹介します✏️


正式名称:アゼルバイジャン共和国

首都:バクー

通貨:マナト

言語:アゼルバイジャン語

旧ソ連の国という事もあり、


ロシア語が

第2言語として使用されています。


世界最大の湖

カスピ海に面している

国でもあります🇦🇿


空港からは

そのまま観光へ向かいます💪


滞在時間は

12時間もないので


時間に限りがありますw




ではでは、また次回👋

最新記事

すべて表示

Join us!!

登録して最新情報をゲットしよう!

お問い合わせ​