フットボール発祥の国⚽️

最終更新: 2日前

2019年5月1日。


日本が

平成→令和に変わった

この日。


滞在時間ほぼ1日で

イギリス 🇬🇧 マンチェスターに

行って来ました✈️



拠点のドイツから

早朝のフライトです💪


1時間40分後、、、



到着しました✌️





入国の際、

滞在先の住所を

記入する項目があるのですが、


滞在時間24時間で

空港泊しようと思っていたので


そのことを

イミグレーションの人に

説明しましたが、


一切聞く耳を持ってくれず、

仕方なく、

キャンセル無料の宿を

急遽予約して


ようやく入国です👍

空港から

マンチェスター市内までは


鉄道での移動が便利です🚆


所要時間は20分ほどで


主要駅の

マンチェスターピカデリー駅

(Manchester Piccadilly)

に到着します👍


まずに

目に入った光景がコチラ↓

イメージとは

多少異なりますが、


2階建バスに遭遇しました✌️


これぞ、イギリス🇬🇧

(本当はロンドンの赤い2階建てバスをイメージしてましたw)



早朝から

動き出していましたが、


この日は

まだご飯を食べていなかったので



まずは朝食へ🍽



イングリッシュ・ブレックファースト




とはいかず、、、、

フィッシュ&チップスです😋



おしゃれな朝食とは

いきませんでしたが


これで

イギリス🇬🇧 を実感しますw




ご飯を

食べ終わった後は、

早速行動開始です💪


時間に限りがあるのでw

ミート・パイを食べながら

1パイントのビールを

飲みたいところですが、



それは

夜の楽しみにして、


この日の

最初の目的地へ👣

ナショナル・フットボール・ミュージアム

(National Football Museum)


フットボール⚽️発祥の地を

象徴するミュージアムです🤩


ちなみに

英語でサッカーは

Soccerと言いますが、


これはアメリカ英語🇺🇸で


イギリス英語🇬🇧では

Footballというのが一般的です✌️


ミュージアムの内部は

イングランドサッカーの歴史を

主に展示しています👀

20世紀初頭に

実際に使われていた

スパイクです😲


現在のものと比べると

かなり重い造りに

なっていました!


コチラも

同じくらい

古い時代に使われていた

イングランド代表の

ユニフォームです😲


有名選手や監督の言葉なども

至る所に

展示されています

元イングランド代表キャプテン

ディビッド・ベッカムや

元マンチェスター・ユナイテッド監督

サー・アレックス・ファーガソン


などなど🤩

ファーガソンが残した名言です↑

イングランドだけでなく、

サッカー界の王様

ブラジル・ペレの言葉もありました✌️


ロンドンにある

ウェンブリー・スタジアム

サッカーの聖地

呼ばれる所以ですね❗️


その他にも

過去から最新のW杯までが

特集されている

コーナーがあるなど



サッカー好きにはたまらない

ミュージアムでした😍

次に目指したのが、、、



マンチェスター・シティの

スタジアム


エティハド・スタジアムです⚽️



移動に時間を

かけていられないので


Uberを使って移動します✌️

10分ほどで到着です。

今や、

プレミアリーグを代表する

強豪クラブにまでなった

マンチェスター・シティ💪

オフィシャル・ストアに行き、

スタジアム見学のツアーに

参加してみることに😆




しかし、

次のツアーは

約2時間後。。。



滞在時間24時間の旅で

2時間のロスは


勿体無いので、

今回は諦めました😨




スタジアム周辺だけを

散策して


次の目的地へ🚙



ではでは、また次回👋




4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夢の劇場

Join us!!

登録して最新情報をゲットしよう!

お問い合わせ​